交通事故率

生田神社

神戸市は兵庫県南部にあり、人口約150万人(2014年12月現在)を有する兵庫県の県庁所在地です。
2012年にスイスの国際人材コンサルティング会社が調査を行った「アジアで最も住みやすい都市」ランキングでは、主要49都市中第2位にランクされています。
住宅・治安・医療・公共施設などの調査項目において高い評価を受けています。
神戸の地域的な特色はほぼ三層に分けることができます。
まず大阪湾に面した一番南側は港湾地区として海運業及び工業地区となっています。
その北側はJR東海道本線沿いに市街地が東西に広がっており、商業の中心地であるとともに政機能も集中しています。
そしてさらにその北側には六甲山・摩耶山を擁して自然豊かな山林が広がっています。

神戸のルーツとも言えるのは平安~鎌倉期に対中国貿易で栄えた大輪田泊という港町ですが、今日における繁栄の直接のきっかけとなったのは1868年の国際港としての開港です。
これによって外国の風物がいち早く伝えられ、異国情緒あふれる国際都市としてのイメージが確立されました。
20世紀に入ってからは臨海部の埋め立て地を中心に造船・鉄鋼・機械などの重工業によって大きな発展を遂げてきました。
近年の出来事として最も大きなものは、何と言っても1995年の阪神・淡路大震災です。
市内の多くの地域が甚大な被害を受け、一時は人口も大幅に減少しました。
しかし市民の努力によって復興が進み、人口も2004年に震災前の水準にまで回復して以降は増加を続けています。